石塚硝子株式会社 石塚硝子株式会社
2019年12月に創業200年を迎える
ガラス製品の先駆「石塚硝子株式会社」の食器ブランド
テーブルウェアから飲料のボトルまで、幅広い硝子製品を製造している石塚硝子。徹底した品質管理のもと、日本に流通するガラス製品の多くを供給しています。2019年12月には創業200年を迎え、そのはじまりは文政2(1819)年にまで遡ります。創業以来さまざまな製品を手掛けてきた石塚硝子と、その食器ブランド『ADERIA』の歩みについてご紹介します。
ADERIA’s History
藩主から注文を受けたビードロ細工を機に、ガラス製造を追求。
国内初となる溶解方法をきっかけに量産の道へ。
石塚硝子は文政2(1819)年、現在の岐阜県可児市土田で石塚岩三郎がはじめたガラス細工がその起源となっています。当時は尾張藩主からの注文として“ビードロ細工”を手掛けていました。明治大正とさらに発展を続け、ガラス製造を一心に追求してきました。グラスウェアをより“生活に馴染みのあるもの”へと変えるきっかけとなった、透明度の高いガラスによる量産を国内で初めて可能にしたのも石塚硝子です。
そして食器事業への本格参入とともに昭和36(1961)年『ADERIA』が誕生しました。
食器事業への本格参入により、『ADERIA』が誕生。
身近な豊かさを感じられる商品展開で、一般家庭の定番テーブルウェアに。
中世ヨーロッパのガラス製造技術で名声を高めた地“アドリア海”にちなんで名付けられた『ADERIA』は、ガラス食器需要の拡大とともに発展を続けてきました。これまで皆様に50年以上も親しんでいただいた私たちのブランドが生み出してきた製品は、昔からどこの家庭にもひとつはあったレトロな柄のコップやカット調のグラス、そして梅酒を漬ける果実酒びんなどです。どれもがその時代に合った商品開発をめざす『ADERIA』ならではの代表作であり、これからも「すぐそばに、いつもある豊かさ」のために製品を提供してゆきたいと思っています。
Concept Message
すぐそばに、いつもある豊かさ
ガラスという素材は古くから人々の生活に取り入れられ今もなお愛され続けています。
ガラスのコップで飲み物を飲むときに感じる心地よさ、安らぎは、
ガラスが天然の素材からできていることを証明しているかのようです。

“すぐそばに、いつもある豊かさ”

誰にとっても身近で毎日の生活が豊かに感じられる。
私たちは、そんなテーブルウェアをこれからも提供してまいります。
  • ツイートツイート
  • シェアシェア
  • LINEで送るLINEで送る