HISTORY

2019年12月に創業200年を迎える
ガラス製品の先駆「石塚硝子株式会社」の
食器ブランド

テーブルウェアから飲料のボトルまで、幅広い硝子製品を製造している石塚硝子。自社工場には多彩な製造に対応できる機器と職人とが揃い、徹底した品質管理のもと、日本に流通するガラス製品の多くを供給しています。そのはじまりは文政2(1819)年といわれ、以来さまざまな製品を手掛けてきました。ここでは石塚硝子とその食器ブランドADERIAの歩みについてご紹介していきます。

石塚硝子の歴史はこちら

Since 1819

藩主から注文を受けたビードロ細工を機に
ガラス製造を追求。
国内初となる溶解方法をきっかけに大量生産の道へ。

アルスターシリーズ1968年~

石塚硝子は文政2(1819)年、現在の岐阜県可児市土田で石塚岩三郎がはじめた硝子製造をルーツとしています。当時は尾張藩主からの注文としてビードロ細工を手掛け、以降、明治大正とさらにガラス製造を追求するようになりました。転換期となったのは、昭和2(1927)年。国内で初めてとなるシーメンス式タンク窯での白生地熔解成功をきっかけに、石塚硝子は大量生産の道へと進んでいくこととなります。現在の岩倉工場が稼働したのは昭和36(1961)年、食器事業への本格参入とともにビン事業が拡大し、このとき『ADERIA』が誕生しました。

ルックシリーズ1970年~

野ばなシリーズ1974~1976年

アリスシリーズ1971~1975年

食器事業・ビン事業への本格参入により
『ADERIA』が誕生。
時勢に先駆けた商品展開で、
一般家庭の定番ガラスウェアに。

『ADERIA』の名付け親は、かつてNHKの番組であった「私の秘密」でした。硝子発祥の地のひとつであるアデリア海にちなんで、番組メンバーによって名付けられたのだといいます。そこからブランドは展開を続けて、現在では50年以上も皆様に親しんでいただける存在となりました。どこの家庭にもひとつはあった、今となってはレトロな柄のコップや醤油さし、梅酒を漬ける梅酒びんの多くがADERIAの製品です。

なかでも梅酒びんは、酒税法が改正により家庭での果実酒製造が認められてすぐに開発された商品で、時勢に先駆けた商品開発をめざすADERIAの代表作のひとつ。ほかにも“垂れない醤油差し”など、たくさんの製品を生み出してきました。

プレミアムニッポンテイスト 桜

IPTプレジール

COMPANY

商号 石塚硝子株式会社
本社所在地 〒482-8510 愛知県岩倉市川井町1880番地
代表者 代表取締役 石塚久継
創業 文政2年(1819年)11月
設立 昭和16年4月16日
株式上場 東証1部、名証1部
従業員数 777名(単体)
2,137名(連結)
(いずれも平成30年3月現在)
資本金 59億11百万円
事業内容 ガラスびん・ガラス食器・紙容器・プラスチック容器・セラミックス製品の製造販売
事業所 支店:東京・名古屋・大阪・福岡
工場:岩倉・姫路・福崎
取引銀行 みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、
三井住友銀行 他
ADERIAは石塚硝子株式会社のガラス食器のブランドです。

お問い合わせ