伝える好日 A NEW YEAR PARTY
“新年のお祝い” 家族みんなが集まるお正月という良き日(好日)に 直接“おめでとう”を、伝える「口実」として使いたい器。
#ギフト #正月 #みぞれ九谷 #めでたmono福寿

お正月の集まりに”おめでとう”の気持ちを伝えませんか

家族みんなが集まる年始め。進学や就職、結婚などで離れて暮らしていると顔を合わせるのはお正月だけ、と言うご家族も多いのではないでしょうか?家族や親戚が集まる新年のお祝は、1年分の“おめでとう”を一緒に祝える機会でもあります。
今回は ADERIA おすすめの器を、祝いの食卓と一緒にプレゼントするアイディアをご紹介します。

節目の記念日を迎える両親へ、グラスをプレゼント

例えば、金婚式などを、お正月のタイミングにお祝いするのも素敵です。思いを込めた上質なグラスをプレゼントしてみてはいかがでしょうか?「Premium Nippon taste みぞれ九谷」は、石川県金沢の伝統工芸の九谷焼を台座に、みぞれを連想させる特殊なガラスをあわせたシリーズです。鉄仙(クレマチス)の花言葉は「高潔・美しい心・深い思いやり」。唐草模様は「繁栄・長寿」を表す縁起柄です。また鉄仙のつるは、鉄でできているかのように強いことから、強い絆や結びつきを意味するモチーフでもあり、夫婦のお祝い事におすすめなアイテムです。

みぞれ九谷

みぞれ九谷

みぞれのようにきらめく特殊加工の硝子と石川県の伝統工芸「九谷焼」が融合した新感覚のテーブルウェア。
現代の加工技術と、九谷焼の伝統技術との出逢いで生まれた逸品。
脚部の絵柄は九谷焼職人の手によりひとつひとつ手作業で描かれています。
▷ 詳しく知りたい方はこちら

美しい日本の器で楽しむ、人気の日本酒カクテル

お正月には器を追加して、家族みんなで楽しむバータイムもいいですね。トレンドの日本酒は、カクテルにしても美味しいものが多く、女性や若い方からの人気が高まっています。お猪口に桜を浮かべたり、お茶屋ソーダで割ったり、サングリア風にしたりと、器とカクテルの見た目を組み合わせて、華やかに新年のテーブルを彩ってみてくださいね。

新たな年のはじまりに使いたい縁起の器

令和初のお正月。新たな年のはじまりの食卓に縁起物を取り入れてみませんか。縁起物(えんぎもの)とは、よい事があるようにと祝い祈るための品物を呼びます。それぞれのモチーフにも様々な意味が込められているんですよ。そんな縁起モチーフを施した「めでたmono 福寿」は祝いのテーブルのアクセントにぴったり。ちょっとした贈り物としてもおすすめなアイテムです。

柄は鶴・亀・鯛の3種あり、どのモチーフも長寿の象徴とされています。また、鶴は生涯同じパートナーと添い遂げる事から「夫婦円満」の象徴、亀は子亀の甲羅が小判に似ている事から「金運」を招く、鯛は七福神のひとりである恵比寿様が抱いている事から「商売繁盛」の象徴とされています。新年には是非家族みんなの健康・長寿・幸福を願う豆皿で、お祝いをしてはいかがでしょうか?

めでたmono福寿

古来より日本では「縁起物」と呼ばれるものには、幸せを呼び込む不思議な力があると信じられてきました。“身の回りに置くことで福を招く”そんな縁起物を描写し、硝子食器にうつした「めでたmono」を大切な方への幸せを願う贈り物として、また自分のラッキーアイテムとしてお使いいただければ幸いです。
▷ 詳しく知りたい方はこちら

お世話になった方へのご挨拶や、
海外の方へのお土産にも

上質感のある『めでたmono福寿』の豆皿は、親族やお世話になった方へのご挨拶にもぴったり。ちょっとしたおつまみや和菓子と一緒にお渡ししても、気が利いていて喜ばれます。また、海外の方への年末年始(Merry Christmas & Happy New Year)の贈り物としても、日本の伝統的な縁起物は人気です。日頃の感謝を贈り物の柄に込めて伝えてみてください