可愛くって、ユーモラス!
無類の猫好き・歌川国芳が描いた江戸の猫たち
江戸時代末期を代表する浮世絵師・歌川国芳が描いた猫をアレンジして、現代の技術と手法でグラスウェアに。
水晶のようにキラキラと煌めくグラスに猫たちが踊る、ユーモラスで趣のあるシリーズです。
枡酒杯やビアグラス、豆皿、箸置きなどアイテムが豊富で、ギフトにもおすすめです。

枡酒グラス

日本酒を粋に楽しめるグラスと枡のセット。高級感のある化粧箱入りです。

  • はちまきねこ 枡酒グラス
  • ねこ 枡酒グラス
  • 手まりねこ 枡酒グラス

ねこぐらす

歌川国芳の描いた猫を、ワンポイントで可愛らしくあしらったグラスです。
はちまきをした猫や鞠で遊ぶ猫など、個性的な姿で描かれています。

  • はちまきねこ 枡酒グラス

ねこの当て字
「なまず」ぐらす

猫たちが文字になり魚の名前を形作る「猫の当て字」シリーズの一つ「なまず」。ユニークな浮世絵をグラスに写しました。
1個のグラスに1つの猫文字が描かれ、3つのグラスを並べて乾杯すれば、「なまず」の言葉が現れます。

  • はちまきねこ 枡酒グラス

丸皿

金で縁取りした高級感あるガラス製プレートに、
猫の姿と繊細な和柄をあしらいました。

  • 丸皿 金魚
  • 丸皿 煙管
  • 丸皿 頬っ被り
  • 丸皿 お膳

箸置

ハンドメイドのガラス製箸置に小さな猫たちの姿をあしらいました。
手のひらサイズの可愛らしい個箱入りです。

  • 箸置 張子(はりこ)
  • 箸置 鉢巻(はちまき)
  • 箸置 鞠(まり)
  • 箸置 籠(かご)
  • 箸置 頬っ被り(ほっかむり)
  • 箸置 斑(ぶち)
  • 箸置 煙管(きせる)
  • 箸置 首輪(くびわ)
  • 籠
  • 東海道五十三次に登場する宿場を、猫に関したダジャレに置き換えた戯画「其のまま地口・猫飼好五十三疋」の鳴海(なるみ)の絵柄。
    鳴海(なるみ)→かるミ(軽い身のこなし)とアレンジされています。
  • 張子
  • 張子
  • 東海道五十三次に登場する宿場を、猫に関したダジャレに置き換えた戯画「其のまま地口・猫飼好五十三疋」の鞠子(まりこ)の絵柄。
    鞠子(まりこ)→はりこ(張子の猫)とアレンジされています。
  • 煙管
  • 煙管
  • 猫にまつわる慣用句を絵にした、三枚続きの大判錦絵「たとえ尽の内」の猫と庄屋に取らぬはないの絵柄。
    猫と庄屋に取らぬはない→出されたものは必ずとる。
  • お膳
  • お膳
  • 猫にまつわる慣用句を絵にした、三枚続きの大判錦絵「たとえ尽の内」の猫舌の絵柄。
    猫舌→熱い食べ物を口にできないこと。
  • 金魚
  • 金魚
  • 『金魚づくし』シリーズ全8枚のうちの一枚。百物語(100本目のろうそくが消えると化け物が現れる)のパロディもの。金魚の世界では化け物ならぬ化け猫が現れ、腰を抜かす・逃げようとする・果敢にも浮き草の刀で立ち向かおうとする等、金魚たちのリアクションがユーモラスに描かれています。
  • 鉢巻
  • 鉢巻
  • 歌舞伎の梅初春五十三駅という演目の一場面です。老婆の歌で踊り出す飼い猫の姿を描いています。
  • 頰っ被り
  • 頰っ被り
  • 猫が手ぬぐいをかぶっているのは、「猫が化けるとしっぽが二股に裂け、手ぬぐいをかぶって人間のように振舞う」という「猫又伝説」(ねこまたでんせつ)に根ざしていると言われています。
  • 手まりねこ
  • 手まりねこ
  • 曲鞠で一世を風靡した菊川国丸の演目を、猫に置き換えたパロディもの。表情は真剣かつ得意げで、着物の着こなしも板についています。

おすすめシリーズ