石塚硝子株式会社 石塚硝子株式会社
硝子食器のある暮らし

2018年4月11日

手作りハニーナッツで幸せなコーヒータイム

手作りハニーナッツで幸せなコーヒータイム

 

見てください!これ本当に美味しいんです!今日は上司に教わった簡単美味しい「手作りハニーナッツ」で、ハニーナッツトーストを作ってみました。ハチミツの甘さとクリームチーズの濃厚さ、ナッツの香ばしさ、ボリボリとした歯ごたえ、トーストしたパンのサクサク感。コーヒーが一緒ならもう言う事なしです。いや~朝から良いものを食べてしまいました。

 

「見栄えが素敵なので作り方が難しそう」と、思われる方もいるかもしれませんが、実はハニーナッツの作り方は至って簡単なんです。

 

今回は、ハニーナッツの作り方やアレンジメニューの作り方、幸せなコーヒータイムにぴったりの製品を紹介したいと思います。

 

上司直伝!ハニーナッツの作り方

上司直伝!と書きましたが、実は料理上手な上司の奥様のレシピなんですけどね・・・。

材料と作り方を書き出してみましたので、是非参考にしてみてください!

 

<材料>

・無塩ナッツ(数種類)・・・適量

・ハチミツ・・・適量

<作り方>

①:数種類の無塩ナッツをローストします。オーブンの場合は、170℃(余熱無し)の設定で10~15分。今回は弱火のフライパンで焦げないように10分ほど煎りました。

②:ナッツの粗熱を取ります。

③:保存容器にナッツを敷き詰め、ナッツが浸かるまでハチミツを注ぎ込みます。

④:蓋をして2~3日待って完成です。

今回使用したのは「スタックストック」のSサイズ。あまりたくさん作っても食べきれないので、一人暮らしの方にはこれくらいが丁度良いかもしれません。

 

スタックストックの木蓋はシリコンパッキンがついており、適度に密封できる便利な容器です。蓋の彫り込みで積み重ねての収納にも適しており、スペースを取らずに済むのでおすすめです。

 

クリームチーズと相性抜群!ハニーナッツトースト

 

トーストしたフランスパンにクリームチーズ、ハニーナッツを乗せればハニーナッツトーストのできあがり。濃厚なチーズとハニーナッツの組み合わせは相性抜群!お好きな方はブルーチーズも合うそうですよ!

ナッツを数種類使っているので、彩りも良く、食欲をそそります。腹持ちも良いので朝食にもぴったりです。

趣のあるレトロな琥珀色。ADERIA60のカップ&ソーサー

a60(アデリア60),カップ&ソーサー

上の写真でコーヒーを注いでいたカップが気になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。こちらは「60VISION」というプロジェクトで復刻された「a60(アデリア60)」シリーズの「Cup&Saucer」です。

「60VISION」とは、デザイナーのナガオカ ケンメイさんが立ち上げたロングライフデザインのリブランディングプロジェクトです。60年代に日本で生産されていた普遍的価値を持ちながらも廃番となってしまった製品を復刻し、改めて世に送り出しているこのプロジェクト。現在、いくつかの製品をハンドメイド硝子の職人たちの手で復刻し「a60(アデリア60)」というブランドとして展開しています。

琥珀色の秘密

シンプルでバランスの取れたフォルムに趣のある琥珀色が印象的なティーカップ。

この琥珀色、実はカップ&ソーサー開発以前から製造されていたビール瓶に使用されていた色なんです!その琥珀色の硝子を初めて食器に使ったのがこの製品だったのだとか。

とても絵になる食器です。このフォルムなら、コーヒー、紅茶はもちろんですがスープを注いでも良さそうですよね。取っ手の形もシンプルで素敵です。

耐熱ガラスではない為、コーヒーや紅茶などの温かい飲み物を注ぐ際は、先にカップを温めて、必ず(濡れていない)ソーサーの上に置いてから注いでください。ガラスは急激な温度変化(特に急冷)で割れることがありますので、お気に入りのガラス食器を長くご愛用頂く為のコツとして覚えて頂ければ幸いです。それと傷にも弱いので、金属製のスプーンなどは使わないでくださいね。

自分で手作りしたおやつをお気に入りの食器で味わう。忙しい時にはなかなかできない事ですが、休日の一息つきたいときに「ハニーナッツトースト」を試してみてはいかがでしょうか。

次回の更新もお楽しみに!

  • ツイートツイート
  • シェアシェア
  • LINEで送るLINEで送る