硝子食器のある暮らし

2018年7月19日

涼の癒やし!手作りかき氷のススメ

涼の癒やし!手作りかき氷のススメ
  梅雨が明けていよいよ夏本番!気温、湿度ともに高いこの時期は、つい冷たいものに手が伸びてしまいます。手軽に買えるコンビニアイスはもちろん美味しいのですが、私はあえてかき氷を推します!しかも手作りのかき氷を。
 
思い出して下さい。子供の頃、かき氷にかけるシロップの量を大人たちに制限されませんでしたか?もしくはシロップだけは親がかける、とか。。しかし自分が大人になった今、かき氷に心ゆくまでシロップをかけたって誰にも文句を言われないんです!大人最高ですね。

また家庭用のかき氷機は近年とても進化していて、専門店のようなフワフワのかき氷を作れるものまで登場しています。つまりクーラーの効いた自宅から一歩も外に出ることなく、本格的なかき氷を食べられるということ!自宅最高ですね。かき氷機のデザインもカワイイものからスタイリッシュなものまで幅広く売られているので、つい物欲までそそられてしまいます。
 
・・・いかがでしょう? かき氷作ってみたくなりましたか??
ADERIAにはかき氷にぴったりの製品がたくさんあります。今回はその中から一部をご紹介したいと思います。
 

すっきりと涼しげな槌目彫刻。キュラソースクエア

最初にご紹介するのは槌目(つちめ)と呼ばれる彫刻が入ったスクエア形状のボウルです。ランダムに入った槌目彫刻が氷のようにキラキラと輝き、涼しげな雰囲気を一層引き立ててくれます。たっぷりとした深さのある形状なので、かき氷を山盛り食べたい人にもおすすめ!かき氷の他にサラダなどを盛り付けても見栄えが良く、何かと使い勝手の良いボウルです。
 

レトロな雰囲気の手作りガラス。デザート suigetsu

続いてはちょっとレトロな雰囲気がかき氷に似合う、山形県の職人が手作りするハンドメイドガラスです。口部が広がった形状はかき氷を盛り付けやすく、また見た目も華やかに仕上げることができます。ピンクやグリーンなどハンドメイドガラスならではのカラーバリエーションがありますので、ぜひご自身のお気に入りの色を見つけてください。

かき氷シロップのような色合い。ソワールラスター

小ぶりなサイズ感が可愛らしいこのグラス。ポイントは底のほうにつけられた色です。透明感のあるブルーやイエロー、ピンクはまさにかき氷シロップのような色合いで、見ているだけで楽しい気分になってきます。色違いでいくつか用意しておくと、ホームパーティなど人が集まる時に活躍してくれますよ。友達を呼んでみんなでかき氷を作ったりしたら楽しそうですね。
 

じつは歴史のある食べ物

 
ところでかき氷はいつ頃から食されていたのかご存知でしょうか?その歴史は思いのほか古く、なんと平安時代に書かれた枕草子にかき氷についての記述が登場します。「削り氷にあまづら(植物から採れる甘い汁のこと)入れて、新しき金鋺(かなまり)に入れたる」と書かれているように、かき氷の基本スタイルは平安時代にはとっくに完成されていたんですね。
 
冷凍庫なんて無かった平安時代、かき氷は今よりもずっと貴重なものだったことでしょう。科学と文明の発展に感謝しつつ、今年の夏はご自宅でかき氷作りを楽しんでみてはいかがでしょうか。
 
それではまたの更新をお楽しみに!